不登校の原因と大人の不登校へ対する理解度のギャップについて

不登校になってしまうと、親は大変心配するものです。
不登校の原因について是非知りたいと思うでしょう。

 

不登校の原因として一番知られているものが「いじめ」によるものです。
いじめのきっかけとなることは本当に大したことないのではと思えることばかるです。
昔は家が貧しくて見た目が汚かった子や、肥満している子がいじめ対象となっていました。

 

しかし最近では、見た目がきちんとしていてごく普通の子でもある日いじめの対象となるのです。
例えば一人だけ他の子と違うことをした、違うものを持ってきたから始まり、意見が違った、誘いに乗らなかったなど、「自己主張をする子供」に対していじめを行うことが増えています。

 

その他にも大人しい性格で我慢してしまうことで何でもない「からかい」からいじめへとエスカレートしてしまうこともあります。

 

殆どの場合、いじめている方にはその認識がない分、周囲が気づいてあげることが遅れてしまい、不登校となってしますのです。

 

その他にも本人が自分に自信が持てないことにより、なんとなく学校に居ずらいと思ってしまうことで不登校という形をとってしまうこともあります。
テストの点数が自分だけ悪い、自分だけ運動ができない、自分だけうまくみんなと仲良くできないなど、他人は何とも思っていなくても学校に馴染めなくなってしまうのです。

 

本来ならば不登校になる前に親や教師が気づいてあげるべきなのですが、大人の場合なまじ「大人の対応」という常識が身についてしまっているので、不登校の原因となる事件があっても「普通ならばそんなことスル―するはずだろう」と思って知っていても取り合わあないことが問題です。

 

不登校の原因は様々ですが、大切なのは本人が自分に自信を付けること、その為に周囲が本人のSOSに耳を傾けてあげることでしょう。
もちろん身だしなみや行動に問題がある場合には、大人がしっかりと手をかけてやることが大切です。

 

自分の言うことをちゃんと受け入れてくれる人の存在があれば、不満やストレスがあっても発散できるものです。
「どうせ自分なんか」と思いこんでしまう前に、「個人を尊重する教育」を重視していくことが大切です。